ピン芸人

合成ポリマーは、石油系の樹脂からできた成分。

脱ケミカル、ノンケミカルでのスキンケアを考えたときに、まず排除したい成分として挙げられるのが界面活性剤と合成ポリマーです。

 

界面活性剤は食器用洗剤などにも配合されている成分であるため、肌に悪そう...と思う方は多いと思いますが、合成ポリマーとなるとどんな成分なのか分からないという方がほとんどではないでしょうか。

 

合成ポリマーは石油系の樹脂からできている成分で、水分を含むことができるため肌にのせるとツルツルになった感触を与えてくれます。
化粧水や乳液、クリームなど保湿効果のある化粧品ほとんどに含まれている成分です。
化粧品にはカルボマー、ジメチコン、セルロースなどという名前で配合されています。

 

ツルツルしっとりとした感触は実は合成ポリマーが肌の表面を覆ってなめらかにしている状態で、肌自体が美しくなったわけではないのです。
そのため、付けている状態では潤っているような気がするものの、
顔を洗った後は肌がバサバサに乾燥してしまう、というようなこともあるのです。

 

合成ポリマーの中には水で落ちにくいタイプのものも多くなっています。
よく日焼け止めで「専用のクレンジングで落としてください」というものはほとんどが、この合成ポリマーが配合されているはずです。
このようにして肌に残った合成ポリマーは肌のバリア機能を維持するために大切な細胞間脂質セラミドを減らしてしまうとも言われています。

 

オーガニックコスメは保湿アイテムにも合成ポリマーを配合していないものがほとんど。
はじめのうちは物足りないように感じるかもしれませんが、使い続けているうちに皮脂が正常に分泌されてくるため、肌がしっとりと落ち着いてくるはずです。

 

見せかけの潤いではなく、天然成分で肌自らがしっとりと潤うようにサポートしてあげましょう。