ピン芸人

石油系界面活性剤の害について

ケミカル系化粧品の成分のなかでも特に肌に刺激を与える成分として知られているのが、石油系合成界面活性剤です。

界面活性剤といえば、食器用洗剤にも含まれている成分です。

 

化粧品に含まれる場合、どのような役割をもっているのでしょうか。

 

石油系合成界面活性剤は大きく分けて浸透作用乳化作用をもたせるために配合されています。

 

浸透作用とは化粧品に含まれる成分を肌に浸透させること。
油よごれを溶かすことからも分かるように、石油系合成界面活性剤は肌を覆っている皮脂を溶かします。
このようにして、肌のバリア機能をすり抜けて成分を浸透させるのです。

 

当然ながら、バリア機能を壊してしまうので、肌は外部からの刺激に弱くなります。

 

 

油分を溶かす効果があることから、クレンジングや洗顔料に使われることも多くなっています。

 

もうひとつの乳化作用とは水分と油分を混ぜ合わせるはたらきのことです。
水と油を混ぜようとしても分離してしまいますが、石油系合成界面活性剤を配合することで化粧品に配合する水分と油分を均一な状態に混ぜることができます。

 

最近、人気のゲルタイプの化粧品は水分と油分を混ぜる必要がなく、界面活性剤を使用しなくても製造できますが、反面、合成ポリマーを含んでいるというデメリットがあります。

 

HANAオーガニックののメイク落としには石油系ではなく、植物由来の界面活性剤を使用しています。
こちらはベビーシャンプーなどにも使用が認められており、安全性の高い成分で肌荒れの原因になりにくいと言われています。

 

石油系合成界面活性剤は価格が安いため、価格の安いクレンジングや洗顔料のほとんどに配合されていると考えてよいでしょう。
メイクの汚れが簡単に落ちるクレンジングなどは知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまいますので、注意しましょう。