ピン芸人

オーガニック化粧品と無添加化粧品との違い

オーガニック化粧品が話題になる以前から無添加化粧品と呼ばれるものがありました。

 

敏感肌の方であれば、一度は使ってみたことがあるのではないでしょうか。

 

どちらも肌に優しいというイメージがありますが、オーガニック化粧品と無添加化粧品はどんな点が異なるのでしょうか。

 

無添加化粧品は、実は化学化粧品のひとつなのです。

無添加化粧品というと、いかにも自然で安全という感じがしますね。

 

しかし、実は無添加化粧品というのは、化学化粧品だということをご存知でしょうか。

 

 

無添加化粧品とはパラベンなどの防腐剤、石油系界面活性剤、合成色素などの合成された添加物が配合されていない化粧品を指しています。

 

主成分は肌に優しい成分を使用していることがほとんどですが、天然由来の成分とは限りません。

 

無添加化粧品と聞くと、肌に悪いものは一切入っていないようなイメージですが、実状はメーカーによってさまざまです。

 

なぜなら化粧品の成分などについて定められている法律である薬事法において「無添加化粧品」と名乗って売り出すための明確な基準が定められていないからです。

 

化粧品は2001年まで表示指定成分と呼ばれる、肌あれやアレルギーを起こす原因になりやすい成分を表示欄に明記しなければならないという決まりがありました。

 

 

しかし、現在は化粧品に含まれる成分はすべて表示欄に明記しなければならないことになっています。

 

今、無添加化粧品と呼ばれているのは、かつての表示指定成分を添加していない化粧品、というのがメーカーの間での一般的な認識です。

 

しかし、中にはパラベンだけが無添加であっても、「無添加」という文字を強調したパッケージになっていたり、誤解を招きやすいものがあるのも事実です。

 

水にオイルと界面活性剤が混ざっているだけのようなものでも、無添加化粧品と謳うことができてしまいます。

 

 

このように、オーガニック化粧品と無添加化粧品は、原材料からして全く別の物なのです。

 

本当にキレイになりたい方は、無添加化粧品ではなく、本物のオーガニック化粧品を選ぶようにしましょう。

 

おすすめオーガニックコスメ