ピン芸人

オーガニック栽培とは?

最近、ネット上で有機栽培された野菜やお米を購入できるショップが増えていますよね。

 

オーガニックは日本語で言うと、有機栽培のこと。

 

では、この有機栽培とは、そんな栽培方法なのでしょうか。

 

農薬を使わず、有機肥料を使った栽培方法です。

まず一番に挙げられる基準が農薬を使用していないこと。

 

さらに化学肥料を使用せず、油かすや堆肥といった昔ながらの有機肥料を使って行うことなどがあげられます。

 

しかし、野菜や穀物の有機栽培に関する基準は農林水産省が定める有機JAS認定がありますが、
化粧品の原料について定められた基準は、まだ日本にはありません。

 

 

有機栽培で作られた植物は虫がついたり、病気になることも少なくないため、
作物として収穫できる量は通常の量よりも少なくなります。

 

また手入れをするのにも手間と人手がかかります。

 

有機栽培の作物の価格が高いのはこのような理由があるのです。

 

 

化学肥料や農薬を使っていないという点では、自生している植物も有機栽培と言うことができそうな気がしますよね。

 

確かに水や土壌が汚染されていない地域に自生している植物であれば、有機栽培といっても差し支えなさそうですが、

 

近所に化学製品を製造している工場があったり、排水が流れ込むような場所があったとしたらどうでしょうか?

 

 

オーガニック先進国の多いヨーロッパでは日本よりずっと厳格かつ明確なオーガニックに関する基準が設けられています。

 

土壌が汚染されていないことを確認するため、農薬を使用しなくなってから2〜3年後でないと認定を受けられないという決まりを設けている国もあります。

 

新しく農地を購入した場合でも前の持ち主が化学肥料や農薬を使用して栽培を行っていたとしたら、すぐに認定を受けることはできないのです。

 

日本では、国内に明確な基準がないことで、オーガニック化粧品として販売されているものの中にはヨーロッパのオーガニック認定を受けているものもあります。

 

 

ただし、これもどの認定を受けるかによって内容が異なるため、

 

購入する前に自分が求めているオーガニックの基準を満たしているものかどうか、確認してみる必要があると言えるでしょう。

 

おすすめオーガニックコスメ