ピン芸人

オーガニック化粧品と自然派化粧品の違い

オーガニック化粧品、無添加化粧品と並んで、肌に優しいイメージがあるのが自然派化粧品と呼ばれる化粧品です。

 

自然派化粧品というと、成分が自然由来のものなのか、製法にこだわっているものなのかよく分からないという方も多いと思います。

 

配合されている成分が自然由来のものであれば、オーガニック化粧品と変わらないのでは?と考える方もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

化学化粧品でも、自然由来の成分が少しでも含まれれば自然派化粧品と謳えてしまいます。

現在、自然派化粧品と呼ばれているものは、自然由来の原料から抽出されたエキスを配合している化粧品を指しています。

 

極端に言えば、こうした自然由来の成分が少しでも含まれていれば、自然派化粧品ということもできるのです。
もちろん、その他に含まれている成分に関しては明確な決まりはなく、合成成分が含まれている場合もあります。

 

自然由来の成分がどんな環境で栽培されているものなのかも重要なポイントになりますが、これもはっきりと明記している自然派化粧品は少ないようです。

 

化学肥料や農薬を使用して栽培されているハーブを使用していたとしても、自然由来の成分が含まれていれば「自然派化粧品」にカテゴライズさせることもできるのです。

 

ここがオーガニック化粧品と自然派化粧品の大きな違いと言っていいでしょう。

 

 

 

また自然派化粧品と呼ばれるものの中にはほんの少し、自然由来の成分を配合し、その他の成分は安価な石油系合成成分を使用しているものもあるようです。

 

ドラッグストアで売られている大手化粧品メーカーの化粧品でも、有効成分の中に自然由来の成分を配合しているものもありますが、
これらの商品は「自然派化粧品」とは呼ばれていません.。

 

このように考えると、自然派化粧品、無添加化粧品などと呼ばれるくくりは非常にあいまいなものなのです。

 

本当に肌に優しい化粧品を選びたいなら、どんな成分が含まれているかしっかりと見極め、本物のオーガニック化粧品を選びたいものですね。

 

おすすめオーガニックコスメ